歯の名称

 説明に使用される各歯の名称は以下の図を参考にしてください。 成人の永久歯は上下左右で32本、智歯(親知らず)を除けば28本の歯が生えそろっています。 左右の同じ位置の歯は対称形で名称も同じです。 上顎・下顎それぞれの前後的順番の等しい歯も名称は同じです。 中切歯、側切歯、犬歯は前歯、他の臼歯は奥歯というのが俗称で第三大臼歯が智歯、第二大臼歯が12歳臼歯、第一大臼歯が6歳臼歯です。 一般に上顎の歯は下顎の歯を先のほうで包むようにかみ合わされますが、逆の場合は反対咬合(受け口)ともいわれ下顎の過成長や上顎の劣成長が原因としてあげられます。 歯科関係者はあたり前に使用していますが患者さんには馴染みの薄い、永久歯列の名称を覚えていただくのも歯科に対する認識を深める一助と思います。

 


 

 

close